ダイヤモンドを買取に出すなら近所の店がいい!?

ダイヤモンドのように相場観が固まってしまっているものは、サービス第一の地域密着型店で買取してもらうのもアリ。

ダイヤモンド・宝石を買取に出すときの失敗しない基礎知識

ダイヤモンドを買取に出すなら近所の店がいい!?

ダイヤモンドなど貴重な宝飾品を買取に出すときは、都市型店より地域密着型の店が良いと言う人もいます。

その理由はサービスの良さ、買取価格の良さにあります。

◆客との結びつきが第一の地域密着型店。

もしも自分の家の近くに宝飾店があったら、わざわざ遠く離れたところのお店にダイヤモンドなどの宝石を持って行かなくても、ご近所の店に買取に出したほうが良いという専門家がいます。

その理由は家の近所の店は地域密着型の店舗経営や接客を第一としているため、今後のことを考えてお客さんを大事にしているからです。

大事にするということは対応も丁寧で買取価格についても、それなりの配慮があるからです。

◆一見客相手に効率が第一の都市型店。

たとえば東京の都心の一等地にある店舗では、常連客というよりも一見さんに対する接客が主体になります。

ダイヤモンドは相場が固まっているため、いくらで買取っていくらで流通にのせるか、効率と利益の確保が優先されます。

ある程度の接客やサービスを果たしていれば、どこの誰かはわからなくても客数は減りません。

地域密着型の店舗では、それだけで客はひいきにしてくれないので、サービス内容も手厚くなります。

◆地域の店は、近所に住む客の冠婚葬祭に付き合って、初めて経営が成り立ちます。

それが買取価格にも反映されます。

ダイヤモンドなどの宝飾品と地域店の買取価格、ちょっと考えたくらいでは結びつきが分りませんが、地域店ではそこに住む人にリピーターになってもらうことが、経営を安定させるポイント。

多少は買取価格をあげて利益を薄くしてもいいという考え方をもっているものです。

※ダイヤモンド買取店ではありませんが、地域密着型の不動産会社でも色んな取り組みがされています。

https://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00607/

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加